通信とビジネスについて考える


システム・セキュリティの情報をお探しの方へ

会社の体制維持

大きな会社で、月に一度くらい、各支店のトップと経営のトップが集まって、経営会議をしていたとします。もしその会議の開催されている場所で、震災が発生した場合、人材的に見て、甚大なダメージをその会社は背負ってしまう可能性があります。
しかしもし通信手段を強化して、電話会議のシステムを構築することができれば、別にそれぞれの支社から会議に参加をすることができます。すると、もしも自然災害などでどこかで会社が機能しなくなるような、被害が出たとしても、ほかの人材がフォローをしてくれる体制をいち早く築くことができます。これは、会社の経営を進めていくうえで、重要なポイントということができます。
会議などで、重要な人材が一つに集まるということは、そこがやられてしまうと、司令塔を失ってしまうリスクが付いて回ります。電話会議があれば、司令塔がすべきダウンしてしまうという事態を回避することができるのです。
電話会議というのは、利便性が高いことをメリットして、強調されているところがあります。しかし危機管理という面でも重要な意味をもつのです。

注目度がUPしている通信に関わる話は、ここのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017通信とビジネスについて考える.All rights reserved.