通信とビジネスについて考える


システム・セキュリティの情報をお探しの方へ

電話会議とコーデック

電話会議をする際には、いろいろな通信手段を用意する必要があります。まずは、コーデックというものが必要になります。コーデックは電話会議をするために欠かすことができない通信ツールといえます。
コーデックは、電話会議によって拾った音声やテレビ電話の収録した画像をデジタルデータに変換をすることができます。そのうえで圧縮処理をして、ほかの電話会議の拠点となっているところに送信をすることができるシステムを言います。
逆に、相手から送信されてきたデータを受信して、それをアナログデータに変換をし、モニターもしくはスピーカーを通じて、画像と音声を出力することもできます。
現在電話会議で使われているコーデックですが、単体のものもあれば、カメラやマイクと一体になっているタイプのものもあります。電話会議の規模によって、どの種類のコーデックを使うかを決めていくといいでしょう。コーデックの性能によって、快適に電話会議をすすめることができるかどうか決まってくるところもあります。

注目度がUPしている通信に関わる話は、ここのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017通信とビジネスについて考える.All rights reserved.