通信とビジネスについて考える


システム・セキュリティの情報をお探しの方へ

電話会議とMCU

会社で電話会議を行うことになるとします。しかし中には、2か所ではなく、それ以上の拠点で通信のやり取りをすることもあるかもしれません。その場合には、コーデックのほかに、MCUという通信機器が必要になってきます。
MCUとは、日本語に訳すと「多地点接続装置」という風に呼ばれています。MCUがあることによって、複数の地点同士を電話会議によってつなぐことができ、円滑にコミュニケーションをとることができます。
MCUは単体で別売りになっているものもありますし、電話会議システムの端末にすでに装備されているものもあります。MCUは購入以外にもASPというサービスもあります。後者については、それほど頻繁に電話会議をしない場合には、安上がりのサービスといえます。
通常ISDNとLANによる接続は混在することができないです。しかしゲートウェイ機能を持っているMCUであれば、異なる接続法であったとしても拠点同士をつなぎ、通信のやり取りをすることができるようになっています。

注目度がUPしている通信に関わる話は、ここのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017通信とビジネスについて考える.All rights reserved.