通信とビジネスについて考える


システム・セキュリティの情報をお探しの方へ

セットトップタイプの電話会議

電話会議をする場合に、一つの会議場に複数の人が集まってくることもあるでしょう。その場合には、セットトップタイプの電話会議システムを取り入れるべきです。セットトップタイプの電話会議は、3〜10人程度が集まって、通信のやり取りをするときに向いているといえます。
セットトップタイプの特徴は、カメラとコーデックが一体になっている点が挙げられます。そのうえで、テレビやプロジェクターにつなげることで、通信をすることができるタイプになっています。
セットトップタイプの場合、テレビの上に、コーデックとカメラを乗せれば、使うことができます。ですから、それほど場所をとることもありませんので、広い部屋を用意する必要はありません。また設置をするときも、比較的簡単に設置をすることができます。
ただしセットトップタイプは、さほど端子が用意されているわけではありません。ですから、オールインワンタイプと比較すると拡張性がありますが、それほどいろいろなものをコーデックにつなげることができない作りになっています。

注目度がUPしている通信に関わる話は、ここのホームページを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017通信とビジネスについて考える.All rights reserved.